2010年 07月 18日

アマガエルの視線

庭でアマガエルを見ない日はまずありませんが、毎日いろんなドラマがあり飽きることもありません。
今日は《アマガエル 見つめる編》をお送りいたします(笑)
e0158743_212197.jpg
上陸したしたばかりのアマガエル。どこか哲学的に遠くを見ている感じ。

e0158743_2056292.jpg
玄関のポストの下のアマガエル。やや天を仰ぎ見る姿勢‥心の中に葛藤があるのか?

e0158743_20561418.jpg
【RICOH CX3 3枚とも】
別館ビオトープの縁で、夕焼けを見つめていたアマガエル。感傷に浸っているのか?

勝手な想像ばかりですが‥アマガエルの仕草とか表情は、かなり人間的だと思います。
[PR]

by caps2_kana604 | 2010-07-18 21:03 | 動物写真 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://since1972.exblog.jp/tb/12967878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by m-kotsubu at 2010-07-18 21:59
こんばんは~♪
カエルくんは 何を考えているのでしょうね~?
確かにどのカエルくんも 何かを思っていそうです。
人間的・・確かにそんな感じですね~^^
Commented by shizenkaze at 2010-07-18 22:36
2番目のアマガエルは『梅雨が明けてしまったのか・・・・・雨降って欲しいな~』と言っている様で、ラストのは『父さん、母さん、僕はこのあっきいさんのビオトープで暮らすから・・・・・』なんて決意しているみたいに思えました~(無理があるかな?^^)
Commented by caps2_kana604 at 2010-07-19 21:08
m-kotsubuさん、小林一茶も蛙を題材に俳句を詠んでいるし‥
身近にいる生き物の中で、親しみを感じやすいのかもしれませんね。
Commented by caps2_kana604 at 2010-07-19 21:11
自然風さん、いろいろな場面設定を考えていただきありがとうございます。
本当に「カエルの気持ちが分かる機械」があったら聞いてみたいですね~。


<< アマガエルの遊び      梅雨明け >>