2010年 11月 28日

仲間入りしたチョビ

飼育しているアマガエルに仲間が増えたと先日書きましたが‥
その発端は、まさに「珍現象」と言ってしまってもいいぐらいの出来事でした。

日記の『ビオトープへの道のり』のほうには少し書いたんですが、どうも冬眠中の
アマガエル君を起こしてしまったらしいのです。それはともかく、その場所が‥

メダカのビオトープに、屋外放置してあったバケツのくみ置き水を足していたら、
そのバケツの中にいたのです!最初は『あっ、アマガエルの死体~!』と思いました(笑)
グレーに変色しひっくり返って動かないし‥こんなところでなぜ死んだ?と‥。

ところがどうも様子がおかしく、何と!パチクリとまばたきをしたのです。
それで、きっとこのバケツの水の中で冬眠していたのかなーと思い始めました。
その後はしばらく手のひらで温めたり、日なたに置いてたらゆっくりと動き出しました。

とりあえず、どうしていいのか分からず‥パクとガラのケージに収容して、今では
エサの食いつきもいいし、なかなか元気で、しっかりとメンバーの一員になりました。
(鼻の下に三本の縦線があり、ヒゲみたいなので“チョビ”と命名しちゃいました)
e0158743_2046174.jpg
【RICOH CX3】
まだまだ照れ屋さんで、昼間はなかなか表に出てきません。なのでこんな写真しかない(笑)

しかし、謎は尽きません。バケツの水の中でアマガエルが冬眠するものだろうか?
たまたま紛れ込んでしまい、寒いので仕方なく冬眠状態に突入しただけなのだろうか?

冬眠してしまえば皮膚から酸素を取り入れるから呼吸の必要はないと言われています。
現に他の種類のカエルでは水の中で冬眠する種類もいるらしいので。。。

でも、アマガエルは基本落ち葉とか石の下とか木の洞とかで冬眠するはず‥水中とは驚きです。

今日の夜ゲロゲロ鳴いていたらしいので、確実に♂と判明しました。初の♂です。
しばらくは注意深く観察を続けていきたいと思います。
[PR]

by caps2_kana604 | 2010-11-28 20:52 | 動物写真 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://since1972.exblog.jp/tb/13719503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2010-11-28 21:10
自然に生きているものの強さと言うか本能と言うのか・・・・・
不思議な事は多いですね^^
生き物達から見れば『普通なのに・・・・・』って思うかも知れませんが人間の考えている以上の事を普通に簡単にやっている小さな生き物達に拍手ですね・・・・・^^

チョビがパクかガラのお婿さんになるかも知れないですね~^^
その時には『カナヘビさん』に仲人役をして貰わないといけませんね~~^^
Commented by m-kotsubu at 2010-11-28 21:31
こんばんはから♪
アマガエルの生態をよく知らないので へぇ~と感心するしかないのですが・・・^^;
チョビくんのモデルさんとしての今後の活躍、期待しています!(笑)
Commented by caps2_kana604 at 2010-11-30 21:10
自然風さん、たしかに今でも不思議なんですよね~。
いろいろネットで調べても、こんな記録は見つかりませんでした。

チョビは相変わらず控えめで、昼間は物陰で過ごしています。
(なかなか写真に撮れないー!!)
でも、夜になるとエサをおねだりしに来るかわいいヤツです♪
Commented by caps2_kana604 at 2010-11-30 21:10
m-kotsubuさん、なかなかチョビは引っ込み思案なようで‥
昼間うまいこと撮影が出来たら、また写真を貼り付けます!


<< 四日市市内の紅葉(1)      懐かしい町 富田写真散歩(1) >>