ありふれた写真館@ブログ

since1972.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

大きな海と小さな池

3月18日、お彼岸の入りに実家のある津市に行ってきました。
最初に訪れたのは、津市に行くとたいてい足を運ぶ、ヨットハーバーのある海岸です。
e0158743_21184144.jpg
1. 造船所のドックが遠くに見えます。社名は変わったけど、昔から変わらない風景です。

e0158743_21184954.jpg
2. 海岸に打ち上げられていたクラゲ。引き潮なので、このあと干からびてしまう運命。。。
(三重の一部地域では日光で干からびることを「カンピンタンになる」と言ったりもします)

e0158743_21185762.jpg
3. 波打ち際でエサを求めてウロウロしていた海鳥たち。種類は不明です‥

地震による津波の印象もあり、海は怖いところだという思いも強くしています。
しかし、この日の海はとても優しく穏やかで‥被災地を思うと何とも言えない気分でした。

このあと結城神社という所に有名な枝垂れ梅を見に行きましたが、その時の写真はまた後日。
そして実家に立ち寄りお昼ご飯を食べ、その後はお墓参りに行きました。
e0158743_2119621.jpg
【RICOH CX3 4枚とも】
4. お墓の写真はありませんが、霊園内の小さな池の畔に新緑たちを見つけました。

新しい命の芽吹きを感じられる春、その癒しが被災地にも届くように祈らずにはいられません。
[PR]

by caps2_kana604 | 2011-03-21 21:30 | 風景・空写真 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://since1972.exblog.jp/tb/14470604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by m-kotsubu at 2011-03-21 22:26
こんばんは~♪
海がキラキラして綺麗ですね・・
こんなにも綺麗な海なのに、ときには恐ろしい仕打ちをする。
自然とは 雄大で優しく、それでいて怖い。
今回のことで、改めて自然の力を感じましたね。
人間が太刀打ちできるようなものではないのかもしれません・・・。
新緑を見ると嬉しいですね。
変わり果ててしまったあの地にも いつか新しい命が芽吹きますように・・・。
Commented by 駒込 美容院 at 2011-03-21 22:36 x
なんだか涙が出ました。。
大変な時期ですがお互いにがんばりましょうね!(>_<)
Commented by shizenkaze at 2011-03-22 00:07
海の無い岐阜に生まれ育って海には憧れを持っています
今回のような海からの津波で多くの人が尊い命を奪われた事はとても辛く悲しく思います
それでも私は海は優しいものだと信じています
海のお蔭で続く命もありますね・・・・・

カンビンタンですか?^^
カンは『乾』なんでしょうね?

3枚目の鳥は『ミヤコドリ』です・・・・・
都鳥と書くくらいなので街の近くに多いのかも知れないですね^^

春になり新緑が芽生え生き物のサイクルが始まりました・・・・・
悲しい時も辛い時でも出来れば笑顔で接したいと思います
難しい事でしょうが暗闇から這い出なくては光は見えて来ません・・・・・♪
Commented by caps2_kana604 at 2011-03-22 21:28
m-kotsubuさん、海のキラキラはついつい撮ってしまいます。
でも、正直撮りながら少し怖かったのも事実です。
今大きな揺れを感じたら‥やはり人間はちっぽけな存在ですね。
だからこそ、今みんなで力を合わせる必要があると感じています。
Commented by caps2_kana604 at 2011-03-22 21:29
駒込 美容院さん、コメントありがとうございます。
いろいろつらいことの多い時期ですが、こんな写真が少しでも
誰かの心の慰めや癒しになっているのなら‥幸いです。
Commented by caps2_kana604 at 2011-03-22 21:31
自然風さん、カンピンタンの語源は不明です(笑)
よく道路でミミズが干からびていたりすると使ってました。

3枚目の鳥の名前を教えていただきありがとうございます。
いちおう津市も三重県の「都」なのでこの鳥がいるのかも?(笑)

これからも変わらず身近な自然の写真を撮り続けて、苦しんでいる
人達への応援メッセージにしていきたいと思っています!


<< 有名な枝垂れ梅      日常生活の中の花たち >>