ありふれた写真館@ブログ

since1972.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 05日

昨日のブログからのつながりで‥

昨日は、たまたま出会った、あるアブラゼミの厳しい現実について紹介しました。
そのつながりで‥というわけでもないのですが、虫たちの厳しい暮らしを紹介する写真です。
e0158743_19242865.jpg
最初のは‥別に厳しいってことはないのかな? バッタの頭に綿毛が‥かゆい?

e0158743_19243425.jpg
【Nikon D7000 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 2枚とも】
2枚目のは厳しさが伝わりますね‥種類がイマイチ分かりませんが、ボロボロでも頑張るチョウ。

e0158743_19245094.jpg
3枚目はヤマトシリアゲでしょうか? 虫にも虫が付く‥お尻にダニがくっついてますね。

e0158743_19245386.jpg
4枚目は見ての通り、まんまとハナグモに捕らえられてしまったハエです。

e0158743_19245566.jpg
5枚目は昨日のブログと似てますが‥羽化に失敗したらしきクマゼミ。手遅れでした。

e0158743_19245842.jpg
【RICOH CX5 4枚とも】
そして、5枚目は‥まだ生きてるようでしたが、弱ったのかな? アミメアリにたかられているミツバチ。

自然界で生き抜くことには多くの困難がつきまとうようです。しかしみんな健気に生きています。
そして、ちゃんと生から死への連鎖のピラミッドが構築されていることに、感動を覚えずにはいられません。


さて、最後に虫ではないですが、先日少し可哀想なカエルも見つけてしまいました。
写真的には少しキツイと思うので、見たい人は下の「続きを見る‥」をクリックしてみて下さい。




昨日の午前、例のアブラゼミを撮影した日に撮ったカエルです。ツチガエルかな?
草むらから飛び出してきて、何気なく撮ったのですが‥その時はちょっと変わった模様だと思ってました。

家に帰ってパソコンの画面で見てびっくり、少し皮膚がえぐれて肉(?)が見えてるじゃないですか!


e0158743_19251738.jpg
【OLYMPUS E-P3 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1】


理由はよく分かりません。ヘビとか鳥、猫のような外敵に襲われて、すんでの所で逃げ切ったのか‥
もしくは人間の仕業(よくあるのは草刈り機とか、子供のいたずらとか‥)ってことも想像しました。

何にせよ、まだ傷は新しそうだったけど、カエル自体は何事もないように元気に飛んで逃げてきました。
おそらくあの傷で死ぬことはなく、むしろ次第に治っていくんだと思いますが‥やはり自然界は厳しい。


時々次に生まれ変わるとしたら人間以外の生き物で‥なんて想像もしますが、なかなかねぇ。。。
[PR]

by caps2_kana604 | 2011-08-05 19:46 | 昆虫写真 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://since1972.exblog.jp/tb/15231490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2011-08-05 20:58
自然界の中では普通に起きている事なのかも知れませんがこうして写真に撮ってゆっくり見ると可哀相であり逞しくも思えます

蜘蛛の巣に掛かった蝶をみて助けるかそのままにしておくかは、忠臣蔵の映画で吉良か赤穂のどちらが主役って事と同じで蜘蛛好き、蝶好きで変わるのでしょうね・・・・・

私は何もせずに見ているだけにしています~
偶然そこに吹いて来た『風』という事で・・・・・♪^^
Commented by m-kotsubu at 2011-08-05 23:45
こんばんは♪
自然界には 私たち人間が想像できないような厳しい世界があるのでしょうね。
虫たちは その中で、淡々と生きて行く・・。
そう考えると 全ての生命がとても尊いものですね。
今日のような写真を見ると しみじみ感じます・・・。
Commented by iiiwana at 2011-08-06 08:51
おはよー。私も時々考えます生まれ変わったらにゃんコでもいいかなぁ〜なんて^ ^ ;
自然の中でどっぷり浸かって生きていくのもいいかなぁ〜とか
いろいろ考えますね^ ^

ボロボロでもがんばってるチョウチョは「アサマイチモンジ」だと思いますヨ^ ^
Commented by caps2_kana604 at 2011-08-07 20:48
自然風さん、自然の世界はいろいろと厳しいことも多そうですよね。
目の前をひらひら飛んでいく蝶にもいろいろなドラマがあったんだろうなー、と。

僕もいろいろなシーンに対しては基本「手を出さない」派です。
でも、どうしてもカエルやカナヘビ、あとカマキリにはえこひいきしてしまうかも‥
Commented by caps2_kana604 at 2011-08-07 20:51
m-kotsubuさん、本当にどんな小さな虫でも命は尊いですね。
命をもらって生きていること、その連鎖を強く感じるこのごろです。

障害を物ともせず、本能的に生きていることには‥驚きすら感じますね。
Commented by caps2_kana604 at 2011-08-07 20:53
トノさん、アサマイチモンジでしたか~。ありがとうございます。
たしかに、あまり普段見かけない蝶かなーとは思ってました(笑)

カメとかに生まれ変わると長生きできそうな気もしますが‥


<< 貴重な3ショット      あるアブラゼミとの出会い >>