2008年 11月 30日

きのうの空写真

昨日は久しぶりにコンパクトのほうのデジカメを持って市内へ。
午前中は図書館に本を返しに行ったついでに、図書館で空をパチリ。
e0158743_2153557.jpg
白い壁と紅葉した樹、青空のコントラストがきれいだと思いました。

夕方には夫婦で南部丘陵公園にふらっと立ち寄り、日没前の西の空をパチリ。
e0158743_21542441.jpg
【FUJI FinePix F31fd 2枚とも】
ガラス細工のようにクリアで、まるで海底のような‥こんな空があると、必ず撮ってしまう。

2枚の写真を見ると、コンパクトデジカメもなかなか健闘しているなぁーと思います。
作品作りとかを意識せずに撮るには、小さくて軽いカメラも手放せないですね。
[PR]

by caps2_kana604 | 2008-11-30 11:21 | 風景・空写真 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://since1972.exblog.jp/tb/9100572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iiiwana at 2008-12-02 09:52
こんちわー。コンデジも手放せませんよね〜私もいつも持って出ますよ、バッグがパンパンですけど(笑)最近、コンデジの方が難しいと思うようになりましたぁ^ ^;
私もリンクさせていただきましたぁありがとうございます!

Commented by caps2_kana604 at 2008-12-02 19:44
やっぱりコンデジもいいんですよね‥アノ気軽さは何物にも代え難い!

‥ということで、気になってくるのはオリのマイクロフォーサーズ機なワケですが(笑)
実機を見たらクラクラして、思わずポチッとな。なんてことになっちゃうんでしょうか?
Commented at 2008-12-03 17:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by caps2_kana604 at 2008-12-08 14:25
鍵コメさま、いつもコメントありがとう。
空を切り取る‥これが簡単なようで難しいのです。
写真を撮るということは、いつも「切り取っていく」作業なんですよね。


<< 地上から見た秋      亀山公園の紅葉 4 >>